VOICE

石橋 晴行 選手イメージ

石橋 晴行 選手イメージ

『輪』

初めてNKS-405に行ったのは15年くらい前の大学生の時でした。

僕は自分のチームの練習以外にいろんな所でプレーするのが好きで、特にNKSでのバスケが1番でしたね。

当時のNKSは網に囲まれコートも狭くリングも少し低めでした。僕はこの雰囲気がとても好きで、

大会の時はプレーを見てる人達とギュウギュウになりながら試合を楽しんでいました。

盛り上がりも凄くみんな良いプレーを連発してましたね。

コーチもいない、フォーメーションもない、自分の思い描いたプレーをどんどんチャレンジする。

これが面白くないわけがない。

心から楽しめるのでいろんな技が身についたと思います。

そんなNKSなので、社会人になって次の日が朝から仕事でも、

週に2回は仲間と深夜遅くまでプレーしていました。


石橋 晴行 選手イメージ

ここ数年はいろんなステージでプレーしてますが、シューティングが足りないと思ったら1人で利用したり、

何人かでワークアウトしたり、スタッフと1オン1したりといつでもバスケができるので本当に有り難いです。

それと一番の醍醐味はいろんな人達とバスケが出来ることだと思います。

それだけこのスポーツは素晴らしいし、NKSも素晴らしい。

バスケを通じて『輪』が広がるところがNKSだと思います。

NKSがなかったら今の自分もなかったかもしれないですね。

みなさんNKSでお会いしましょう!

                              PRO BASKETBALL PLAYER

                                              石橋 晴行



一覧へ戻る